丸紅オフィスサプライ株式会社

丸紅オフィスサプライ株式会社

会社概要



会社の沿革

情報化社会のさらなる発展が、 私たちの可能性を拡げます。

都市が機能するための血液ともいえる“情報”は、今や私たちの生活に深く浸透しています。“情報化社会”といわれる現在もなお、質を変え、 カタチを変えて成長を続けています。この成長こそが、私たちの活躍する領域を拡げ、新たな可能性を生み出す知恵となっています。 こうした流れの中で、私たちがお届けする製品は、環境対応も考慮し、品質・技術とともに社会に対し、重要な役割を果たすものであると考え、 より一層の可能性を探り、追求しています。

昭和37年 9月 二葉紙工株式会社設立。
埼玉県朝霞市に本社工場を建設し、レジスター用ロールペーパー
製造販売業として発足した。
昭和43年 8月 ロール紙業界の発展に伴いこれに対応するため
財務基盤を強化すべく、株式会社湊屋の子会社となる。
昭和49年 5月 親会社の株式会社湊屋が、丸紅の出資を仰ぎ、
丸紅グループ傘下の子会社となる。
平成 元年 9月 福島県双葉郡楢葉町に、レジスター用ロール紙の生産拠点として、
子会社 二葉加工紙株式会社を設立した。
平成 2年 3月 丸紅株式会社の資本参加を受けて丸紅の子会社となり、
丸紅オフィス・サプライ株式会社と商号を改め、
東京都新宿区市ヶ谷に本社を置く。
ロール紙に加え、コピー用紙等の仕入商品の取扱いを始める。
平成 4年 4月 本社所在地を東京都新宿区神楽坂に移す。
平成23年 4月 丸紅紙パルプ販売株式会社の100%子会社となる。
平成23年 5月 本社所在地を東京都港区芝大門に移転。
平成23年 8月 茨城県古河市に二葉加工紙株式会社 古河工場を設立した。
平成25年 4月 埼玉工場を茨城県古河市の二葉加工紙株式会社 古河工場内に移転。
平成26年12月 二葉加工紙株式会社を吸収合併。
平成27年 6月 マスコット化学紙株式会社を吸収合併。